/* アクセス数計測 Google Analytics */ リースのメリット|ひがしんリース株式会社

現在位置:ホーム > リースのメリット

リースのメリット

■ リースのメリット

資金の効率的運用が出来ます。

購入する場合は一時に多額な資金が必要ですが、リース料は毎月の分割払いですむメリットがありますので、余剰資金は他に有効利用できます。

陳腐化リスクを軽減できます。

リース期間は物件の法定耐用年数よりも短くできますので、実質耐用年数に合わせて期間の設定を行なうことができ、いつも新しい設備の使用や最新機種の導入をすることができます。

事務負担が軽減できます。

資金調達、減価償却計算、固定資産税などの諸税支払い、損害保険手続き、資産処分事務などのわずらわしい事務手続きが一切不要になり、合理化がはかれます。

コストの管理が容易です。

リース料の支払いは月額均等ですので、経費負担額が正確にわかり、原価管理などのコスト管理が容易になります。

リース料は変動しません。

リース料は、金利が変動した場合でも、当初の約定通りのお支払いのままですので、金利上昇期にリース契約を締結されますと、インフレヘッジの効果を得ることができます。

■ リースの仕組み

ご希望される物件をひがしんリースがお客様に代わってメーカーやディーラーから調達し、比較的長期間にわたって賃貸借するものです。

お客様、メーカー・ディーラー、ひがしんリースとの相関図

■ リース契約の手続き

ご相談からリース契約、納入、リース開始までのプロセスは、以下のように進行します。

物件の引き合いからリース開始までのプロセス図

■ 適正リース期間の設定

リース期間は、導入する設備機器の法定耐用年数を基準として決定されます(税務通達による)。

  • 法定耐用年数10年未満 … 70%以上
  • 法定耐用年数10年以上 … 60%以上
リース契約期間の一例
法定耐用年数 4 5 6 7 8 9 10 11 12
リース契約期間 2〜 3〜 4〜 4〜 5〜 6〜 6〜 6〜 7〜

■ 延払(割賦)販売

不動産、その他、物件の性格によっては延払販売のご相談に応じています。